西日本最初の「下肢静脈瘤」専門クリニック

エキスパートによる下肢静脈瘤専門クリニック
                                                       Counter
当院は、2007年9月、清水 康廣により西日本で最初の下肢静脈瘤専門クリニックとして開設されました。
清水康廣は、25年以上の間ライフワークとして下肢静脈瘤の研究と治療に取り組み、
治療総数15,000肢を越えており、日本でもトップクラスの治療実績をあげていました。長年にわたる豊富な治療経験から、手術は究極まで簡略化され、最短の手術時間(20分前後)となっています。
開院当初より取り入れている
血管内焼灼法は、障害のある静脈内に細いファイバーを挿入して、静脈内面にレーザーを照射して閉塞する最も新しい方法です。
また、当院で独自に開発された
ハイブリッド法は血管内焼灼法と他の治療法を組み合わせるこの方法が適応となり古くからの方法ですが、いずれも手術後1時間ほど休息して、歩いて帰ることができます。
現在の当院では、
高周波エネルギー焼灼法を取り入れた治療を最も高頻度に行っています。
皆さまから外来で気楽にしかも安全にできる
”体にやさしい治療法”として大変喜ばれています。
2010年夏、清水 康廣が病気により他界したため、開院以来、副院長として清水を補佐して診断、治療にあたってきた石原 浩が院長に就任し、清水の築き上げてきたクリニックを継承し、副院長 坂下 充と共に運営にあたっております。

 創 設 者 清 水 康 廣
・岡山大学医学部大学院卒
・ニューヨーク、ボストンにて7年間外科研修・血管外科研修
・岡山大学付属病院講師
・広島逓信病院外科部長
・日本静脈学会評議員、監事として後進の指導にあたる
2010年 他界
   


 院 長 石 原  浩  
・京都大学医学部卒
・天理よろず相談所病院心臓血管外科
・フランス留学(2年)心臓血管外科臨床研修
・福井医科大学心臓血管外科講師
・広島大学第1外科助教授
・安佐市民病院心臓血管外科主任部長
・梶川病院外科部長、清水クリニック副院長兼務を経て
 清水クリニック院長
・日本静脈学会 会員
・心臓血管外科専門医認定機構名誉専門医

  月刊マンション通信紙 Wendyに掲載された記事
・閉塞性動脈硬化による下肢動脈血行障害       ・腹部大動脈瘤について
・下肢の浮腫み、倦怠感、静脈瘤などについて     ・胸痛で発症する致死的疾患
・生活習慣の修正、自己管理              
・血管病のとらえかた  (1) (2) (3) (4) (5)
・下肢静脈瘤の話  (1) (2) (3) (4)
中国新聞に掲載されました!!
・専門医が診る(平成25年12月4日) 
・専門医が診る(平成25年12月25日)
 


 副 院 長 坂下  充
・順天堂大学医学部卒
・広島大学第一外科
・安佐市民病院心臓血管外科
・梶川病院外科勤務を経て
 清水クリニック副院長
・日本静脈学会 会員

月刊マンション通信紙 Wendyに掲載された記事
・腹腔鏡手術について (1) (2)  
・手術によるダイエット             ・創傷治癒(傷がなおること)の迷信
・抗生物質は風邪には効かない!!        ・認知症終末期医療の現実
・ジェネリック医薬品って何?          ・医学用語は難しい!?
・医療業界とエコロジーについて
 
PDFファイルの閲覧にはアドビリーダーが必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードしてご覧ください。

清水クリニック -下肢静脈瘤専門クリニック-
〒732-0817 広島市南区比治山町3-14-101 リバーサイド比治山 1 階 
082-567-0808(電話)
  082-567-0809(FAX)

Copyrights(C)Shimizu Clinic All Rights Reserved